FC2ブログ

ワオのクリスマスパーティー【後編】

(※こちらの記事は後編となっております)

 

クッキーを焼いている間は、

プレゼントをゲットせよ!先生からの挑戦状(謎解きゲーム)を行いました

先生特製のクリスマスクロスワードや暗号カードの問題を解くと、プレゼントの場所が分かるようになっています!

 

問題を前に、子どもたちは「なんだこれ!?」「残り3つなのに分からない…!」と大苦戦💦

ですが、プレゼントを見つけたい!という共通の目標を達成するべく、自然と意見を出し合いながら、協力して解いていきます。



「クリスマスツリーって何の木で出来てるの…!?」

「知ってる人いる?」と聞き合ったり…

 

謎解き①


暗号を前にして、「まどのした、かな?」「でも文字のカードが余っちゃうし…」こうじゃない?」とみんなで意見を出し合うその表情は、まさに真剣そのもの!!

謎解き②



すると、とあるチームでは「あっ!これって『すいどうのました』なんじゃない!?」と暗号の答えを閃いたお友達を筆頭に、「ホントだ!!早く行こう!!」と走りだし…

「あったよー!!」「やったー!!!」と歓声が園に響きます!


それに続いて、各々のチームで謎を解き終わり、

水道の真下赤い箱の中靴箱の近くから続々とクリスマスプレゼントをゲット!!

気になるクリスマスプレゼントの内容は、新川崎園で仲良くなってきたお友達同士が遊ぶための新しいおもちゃでした

 

チームで協力してプレゼント探し出せた瞬間や、みんなで「やったね!」と喜び合う笑顔は、達成感からとってもキラキラ輝いていました


謎解き③


謎解き④


謎解き⑤

  


こうして新川崎園のクリスマスは楽しく過ぎていきました…

 

そして後日…

協力して手に入れた新しいおもちゃで遊んでいる時のエピソードをいくつかご紹介します!


  

ガイスター】

みんなが新しく増えたおもちゃで盛り上がる中、何で遊んだらいいか戸惑って、一人ぼっちであやとりをしている1年生の女の子がいました。その時、それに気付いた上級生の女の子が自分から優しく声を掛けます。

「○○ちゃん、ガイスターってやったことある?」「ううん…」「もしよければ一緒にやらない?ルール教えてあげるよ!」手招きされた1年生は一緒に座り、ルールを教えてもらいながら、一緒にプレイしていきます。

やり方が分かった1年生の女の子は「教えてもらえたから分かった。結構おもしろいかも…」と徐々に笑顔を見せ始め、夕方には他のお友達とも自分なりの作戦を駆使しながら遊ぶ姿が見られるように!

あとから上級生にお話を聞くと「みんなでできたほうが楽しいし、嬉しいと思う!」と笑顔で教えてくれました。

相手の表情を見て、困ってるんじゃないかな?と考え、自分ができることを伝える、とてもステキな姿でした★  

あそび①


  

【犯人は踊る】

カードゲームも大人気です!今まで少なかった心理戦に、「よっしゃ!!」「あーやられたー!!」と飛び跳ねたり、笑い合ったりしながら、みんなで仲良く遊んでいます。

とある日の帰りの会の後も「やろうやろう!」と集まる子どもたち。しかし、荷物が多く、年末年始のロッカー整理がまだまだ終わらなそうな1年生が一人…集まった遊びの輪をチラリと横目に見ますが、自分のやるべきことが終わっていないので、何も言わずにロッカー整理を続けます。

しかし、その姿を見つけた他のお友達はその子のところに歩み寄り、「○○くんも『犯人は踊る』やる?」と優しく聞いてくれました!

ロッカー整理をしていた1年生もそう聞かれて、「やりたい!」「じゃあ待つね!あ、カード配っててもいい?」「いいよー!ありがとう!」と嬉しそうに笑顔を見せ、片付けの手を早めます。

聞いてくれたお友達に理由を聞くと、だって、○○くんよくこれで遊んでるから、やりたいんじゃないかなと思って」と照れながら教えてくれました

お友達の気持ちを考えた、ステキなやりとりでした  

あそび②


 

【スタディ将棋】

園にはすでに2つ将棋がありましたが…今回増やしたスタディ将棋には駒ごとに動かし方が矢印で示されており、とても分かりやすくなっています!

ある日、1年生の男の子がスタディ将棋をやりながら、「僕、矢印なくてもできるけどね」と得意そうに呟きます。先生が「新しい1年生が来た時にこれがあると分かりやすくてルールも覚えやすいし、上級生ともたくさん遊べると思ったんだ!」と声掛けすると、「あーそっか!たしかに!」と納得しながら笑顔で頷いていました。

一緒に将棋を指していた同じ学年のお友達もそれを聞いて「将棋って難しくて、今まで僕弱かったんだけどさ…」と打ち明けます。ですが、続けて「これだと矢印があるから分かりやすいよ。よかったぁ」とにっこり。

2人は顔を見合わせて、ニコニコしながら1年生が入ってきたら(ルールを)教えてあげよう…」と話しながら将棋を続けていました。

新しい春に向けて、期待が高まるエピソードでした

あそび③



今回のクリスマスでは、子どもたちがこれまでの様々な体験を活かしながら、自分で考え、意見を伝えて話し合い、学年学校問わずお友達と協力しあう場面が数多く見られました!


ワオキッズでは、「ほめて みとめて はげまして 〜やる気を育て、自分で考え行動し、責任を持てる子どもを育てる〜」という保育理念を達成するために、

園ごとに理想の園を掲げ、子どもたちの成長を日々サポートしています。


新川崎園ではこれからも「一人一人が相手の気持ちを考えられる園」を目指し、子どもたちが様々な体験をしていけるように取り組んで参ります! 

 

スポンサーサイト

ワオのクリスマスパーティー【前編】

 

皆さま、明けましておめでとうございます。

新年最初の記事はが担当致します!


ワオキッズには、4回のイベントや、夏キャンプ冬キャンプだけでなく、季節ごとの園内行事も盛り沢山です

そして12月に欠かせないものと言えば…やっぱりリスマス

今回は、先月行われたクリスマスの飾り作りスペシャルクリスマスパーティーin新川崎園の様子をお伝えします!

クリスマスイラスト

 

12月初旬…

クリスマスに想いを馳せながら、自分たちで飾りを作ります。

1年生向けの説明会でも、とってもステキな装飾を作って飾りつけしてくれた子どもたち。

その経験を活かして「ここの折り方が分からない…」「こうするんだよ」「あっ、そうか!」「プレゼントの箱も作ってみた!」「わあ、それどうやるの?」「教えてあげるよ!簡単だよ!」と協力しながら、たくさんの飾りを作ってくれました!


 飾り作り①


飾り作り②

 


また、新川崎園が入っている施設であるコトニアガーデンも、クリスマスムード満点!

12月初めからクリスマスツリーがあちこちに飾られていたのですが…

それを見て、工作好きな3年生から「自分たちでツリーを作ってみたい!!」という声が上がりました!

子どもの「やりたい!」という気持ちを応援し、「やる気」と「自信」を育んでいくことも、ワオキッズの大切な役目!

早速ダンボールを出し、「いいね!どうやろうか?」と作成を開始します!!


ツリー作り①  


自分たちで考え難しい部分は「こうやって切ってほしい」「ここをどうにかくっつけたいんだけど…」と伝えて先生の力を借りながら、「ここは緑にしよう!」「もっと丸みを出そう!」とやりたい気持ちを形にしていく子どもたち!

その様子を見て、たくさんのお友達が「何やってるの!?やってみたいと作業に携わってくれました。


 ツリー作り②


ツリー作り③


そして、1週間かけて…

子どもたちの思いが詰まったステキな手作りツリーが完成!これでクリスマスを迎える準備は万端です!!

提案してくれた子たちの笑顔は、達成感に満ちていました

 

ツリー作り④  

 



そして来たる1225日…

クリスマス当日は、子どもたちの冬休み初日でもありました

今年のクリスマスパーティーでは、クリスマスクッキー作りプレゼントをGETせよ!先生からの挑戦状(謎解きゲーム)を行いました。


前編ではクッキー作りの様子を紹介します

それぞれのチームに分かれてエプロンセットをつけて、準備完了!

クッキー作り①  


しかし、この日の参加者は2年生が4と、あとは全員1年生

「はじめてクッキー作る!」という子も多い中、2年生は「えっ、上級生4人しかいないの…?」と、自分が班の子をまとめていくということに気付き、少し不安そうな表情を見せます。

そこで先生が「この4人は全員11月イベントに来てくれたでしょう?」と声を掛けました。

2年生は「うん、覚えてる!」「みかん狩りでしょ?」「秋のみかん祭り!」と楽しかったことを思い出し、笑顔で口々に言いました。

先生が続けて「みかん狩りのあと、みかんマフィン作りもしたよね。実は今日作るクッキーも、作り方はほぼ同じなんだよ!」と伝えると……ホワイトボードに書かれたクッキーの作り方を見て「あっ!」「たしかに~!」とぱっと表情を明るくさせます。

以前やったことがある!ということで自信を取り戻し、班に戻っていく2年生たち!


そして、それぞれの班でまず最初に私がお手本を見せるね。周りに来て!みんな見える?」1年生が困らないようにやり方を見せてくれたり…

クッキー作り②  


1年生が生地を混ぜやすいように「大丈夫?私持つよ!」ボウルを押さえてくれたり、

 「バターが泡だて器にくっついてうまく混ぜられない💦と困っている子に「こうやってトントン!ってやると取れやすいよ。ちょっと貸して!」と、11月イベントで覚えたコツを教えるステキな姿が

 

クッキー作り④  

 

当初の不安はなくなり、これまでの経験を活かしながら、しっかりと1年生をまとめている姿がありました!!

 

みんなで混ぜた生地ができたら、思い思いの型で形を抜いて…


クッキー作り⑤  

 


焼き上がり後は、お楽しみのおやつタイム!

完成したクッキーを見て、「わあー!本当に焼けてる!」「いい匂い!」「これ僕が作ったやつ!?」と感動する子どもたち 

 

おやつ②

 

リスマスソングが流れる中で、チームごとに作った手作りクッキーを食べていると…

おいしい!」「自分たちで頑張って作ったからおいしいって思うよ」 「もっと食べていい!?」「レシピ知りたい!」と、それぞれのチームで満面の笑顔が広がりました♪

 

おやつ①

 

後編では、クリスマスパーティー中の謎解きゲームと、クリスマス後のお話をお届けします




カリキュラムについて★

皆様こんにちは!ワオキッズ岸根公園です!
12月に入り、いよいよ冬本番といえる寒い日が続いていますが、岸根公園の子どもたちは元気いっぱいお友達と笑顔で遊んでいる姿が見られます

今月は、そんな元気いっぱいの子どもたちが行っている
【カリキュラムの様子】をご紹介したいと思います

ワオキッズでは、通っていただいているお子様皆さんに参加していただけるよう、
園内で全員参加のネイティブの先生による週一回の英会話教室の他、選択申込のカリキュラムを実施しております。 ※園によってカリキュラムは異なります

岸根公園では、

・書道
・そろばん
・英会話

の3つを、週に一回(月に3回ずつ ※英会話のみ月4回)園内で行っております


まずは、書道
についてご紹介いたします!

【ねらい】
文字を美しく使いこなせるようになり、落ち着いて物事に取り組む姿勢を身に着けるため

DSC05627_2018121122005049c.jpg

始めたばかりの頃は、初めて見る書道セット、初めて使う筆に子どもたちは大興奮!

「これどうやって使うの?」
「早くやりたい!」

と言っている姿がとても印象的でした。
実際始まると「書道って難しい…」
と少し困惑しながらも、
「先生みたいに綺麗な字を書けるようになりたい!」
という気持ちで、

「頑張ろう!」
「先生のやり方を見て真似してみよう!」
と前向きに取り組む姿が見られます!
DSC05635.jpg


「先生みたいにうまく書けないからいやだ」
「また失敗しちゃった…」


と肩を落とす姿もありますが、

「たしかに難しいよね…。でも、いつも頑張っている姿を先生たちは見ているし、落ち着いて書けば大丈夫だよ!」と伝えると…

「先生!ここすごく上手くいったんだよ!見て見て!」
と嬉しそうに話してくれたり、自分が書いた作品を嬉しそうに見せに来てくれます!

子どもたちが嬉しそうに話していると、先生たちも一緒に嬉しくなります!

また子どもたち同士でも「○○ちゃん上手!」など褒めあう声掛けや、
「難しいよね…わかる。」と落ち込んでいるお友達の気持ちに寄り添い、
励ましあう姿が見られます。
DSC05629.jpg


次にそろばんについてです!

【ねらい】
計算能力・暗算力だけでなく、一定の時間全員で机に向かい集中力を養うため

20181211221601f5c_201812181212247ab.jpg


初めて見たときは、
「これ楽器…?」
「どうやって使うかわからない!」
といった様子でしたが、今ではそろばんでかけ算やわり算を行ったり、3桁の計算を行ったり、先生が見ても「すごい…」といえるような計算を軽々とやっている姿が見られます

そろばんの時間、集中して行っていた子ども達は、終わった後はみんなへとへと…

「もう何もできない…」
「やっと終わった…」
といった言動もあります。

その中でも、「今日ここまで進んだ!」「宿題はここまでやってくる!」
頑張っている姿を嬉しそうに伝えてくれます!

ある日のそろばんの時間、少し暗い表情をした子に「どうしたの?」と聞くと、「そろばんあまりわからないから、あんまりやりたくないんだ」と胸の内を話してくれました。

「わからないことは恥ずかしいことではないし、どんどん聞いていいんだよ!」と伝えると、笑顔を浮かべ、「できるところまで自分でやってみる!」とやる気に満ちた表情で一生懸命取り組む姿が見られました。
DSC03743.jpg


出来たことを褒めていくことも大切ですが、「頑張ってみよう!」と思えた気持ちをみとめ、「頑張ってみようかな…」という思いを大切にしてあげることで、子どもたちはたくさんのことに挑戦しようとしてくれています!

最後に、英会話についてです!

【ねらい】
ネイティブな講師による本物の英語に接することで、英語への抵抗感をなくす
DSC02721.jpg

最初は苦手意識を持っている子が多く、「やりたくない…」という声も少なくありませんでした。でも、今では友達と一緒に楽しく前向きに取り組み、たくさんの笑顔が溢れています!そんな英会話の時間で、子どもたちが一番好きなのは、

体を動かしながら英会話を行うこと!

みんなで英語の歌を歌いながらダンスをしたり、運動遊びの中で英単語を話したり、英語のクイズを行ったり…
楽しく行うことで、英会話への抵抗感をなくしていきます!

チーム対抗でゲームを行う中で、わからなくて困っているお友達がいると…
わかるお友達が「これは、○○だよ!」と小さな声で教えてあげる姿や、
「○○ちゃんなら大丈夫だよ!頑張って!」と応援している姿も見られます!

子どもたち同士で教えあったり、応援しあう姿はとても素敵です!
そんな姿がワオキッズで過ごしていく中で多く見られればと思います!

ワオキッズでは「ほめて・みとめて・はげまして ~やる気を育て、自分で考え行動し責任が持てる子どもを育てる~」ことを保育理念としています。

決してできないことが恥ずかしいことではなく、やろうとする気持ちが大切だということ。
普段の保育の中で子どもたちの「やってみよう!」という気持ちを大切にし、気持ちに寄り添い、何事にも前向きに取り組めるようサポートしてまいりたいと思います!

🌸プレキッズイベントに向けて🌸

こんにちは!(^-^)/
11月ブログ担当のwaokids鴨居園です


各小学校では就学前検診が着々と行われています。新1年生は来年度に向けた準備がいよいよ本格的になってきましたね。

子どもたちのお迎えに行くと、就学前検診に来たたくさんの元気な新1年生に会えました。
笑顔で「こんにちは!」と元気よく挨拶する子や、ちょっと緊張気味の子、たくさんの姿がありました。
この中から4月からワオキッズに来る子もいるのかなあと思うと、嬉しくなりました。

小学校入学おめでとう


鴨居園では今、プレキッズイベントに向けて新1年生へのプレゼント作りの真っ最中です。

★★★プレキッズイベントとは…★★★

来年度ワオに入園するお子様を中心として各園で開催されるイベントです。
「ワオってこんなところなんだ!」「こんなことするんだ!」
入園前に親しみを持ってもらうことで、4月からの新生活を安心なものにしていくことを目指します。

鴨居園では在園の子どもたちが毎年、新1年生へメッセージカードとワオマークにちなんだ品物を手作りし、
イベント当日に園職員からプレゼントしています。

今回は
🌸メッセージカード
🌸アイロンビーズで作ったワオマーク

です
イベントの内容は各園によって異なりますが、参加される新1年生の皆様には、ぜひ楽しみにしていただきたいと思います!

班に分かれてメッセージカード作りをする子どもたち。

練習用のカードと本番のカード、
新1年生のお名前と学校名が書かれた紙を受け取ると…

「うわぁ!○○小学校の子、ふえるんだね!」
「先生、△△小学校の子はもっと来る?」

と盛り上がります。

「メッセージかぁ」
「会ったことない子にメッセージ書くのって、むずかしいね」
「やっぱり、『たのしみにしていてね』とか?」
「『まってるね』とか?」


そこで、先生からみんなに伝えました。

「新1年生のみんなは、きっとこんなことを思っているんじゃないかな。
たとえば
『ワオってどんなところなんだろう』
『どんな子がいるんだろう』
『ぼく、おともだちできるかな』『わたしだいじょうぶかな』
…でもみんなの書くメッセージを読んで、
新1年生に安心して4月を迎えてもらいたいと先生は思ってるんだよね。
『ワオって、いいところだな』
『4月からワオに行くの、だいじょうぶそうだな』
『おともだちできそうだな』
って、一年生が安心できるような、そんな素敵なメッセージ
班で力を合わせて考えてほしいな」

すると


4_201811121906184be.png

「安心、かぁ…」
「なんて書くのがいいかなぁ……」


悩みに悩~む1班

1_20181112160831184.png


「どんな感じにするか、練習の紙にまず書いてみよう」
「この大きさだと、2行くらいだね」
「まん中に線を引いたら書きやすいし、きれいに書けるんじゃない?」
「そうしよう!○○ちゃん、じょうぎ貸して!」


とりあえず行動を起こす2班

などいろいろです


2.png

3班、4班。
新1年生が安心してワオ生活を迎えられるように、どんなことを書くのでしょう?

2、3年生が1年生に話しかけています。

「ねえ、○○くんが1年生になる前は、どうだった?」
「不安な気持ちとかあった?ぼくたちはもう、ちょっとわすれちゃったから」


なるほど!1年生に入園前の心境がどんなものだったのか訊ねてみたんですね。

1年生の子は首をかしげながら、

「う~ん…不安だったかも。ぼくじゃなくて△△くん(1年生)は、ここに初めて来たとき泣いてた」
と、思い出したことを話してくれました。

2、3年生
「あっ、たしかに泣いてた」
「きっと不安だったんだね」
「やっぱり1年生って、しらないところって不安だよね」


「じゃあ、なんて書いたら安心するかなあ…」
「○○くんだったら、なんて書いてあったらうれしい?」

「う~~ん…」
「なんてメッセージをもらったら安心するだろう?」と真剣に考えてくれているのが伝わりました。

3_20181112161835997.png

おや、それまでスムーズに進んでいた2班ですが、何やら悩んでいるようです。

「うーん、書いたけど、もっと何かなぁ…」
「色をつけようかね?」
「女の子だから、かわいくしたらよろこぶんじゃない?」
「じゃあ色鉛筆でかわいくぬろう!」

「あとマッキーでなぞって見やすくしよう」
「そうしよう。なぞるのやりたい?やる?」
「ありがとう。でも○○ちゃんのほうがじょうずだから、まかせる!」
「オッケー」
「先生、マッキー貸して!」


相手の子がどんな子かはわかりませんが、喜ばせるために考えられることはたくさんありますね。
新1年生に安心してもらうためにみんなで考え、工夫を凝らす姿がありました

さらに4班は、こんなことをしていました。

6.png

先生 「宛名のところにも色を塗ってるの?」
4班の3年生 「そうだよ。自分の名前がきれいに書かれてあったらうれしいじゃん
先生 「たしかに!」

見てみると、他の班もメッセージカードにたくさん色を付けています。

「見やすくしてあげてね」という声掛けはしましたが、
子どもたちは「読んでいて楽しくなるように」「きれいだなぁって思ってもらえるように」
それこそ安心してもらえるように」工夫を考えてくれたようです。

「先生、できたよー✿✿✿

出来上がったカードは…

10

新1年生が安心してワオキッズの仲間入りができるよう、一生懸命考えられた素敵なメッセージカードでした!

そして、アイロンビーズのワオマーク作りも着々と進んでいます

9.png

「アイロンビーズってたのし~い!
と、ビーズを置く楽しさに盛り上がる子どもたち。

アイロンがけは先生の方で担当しました。
ですが…

出来上がっているワオマークの山から、1年生の男の子がワオマークを1つ取り出して見つめています。
何を考えているのでしょうか?

「先生これ、ゆがんでるよ。これプレゼントしたら、1年生うれしくないと思う」

1年生の男の子の一言にみんなも、
「あっ、ほんとだ」
「かわいくできてるけどね」
「アイロンかけるとき、ゆがんじゃったのかな」


先生 「ごめんね。アイロン、難しかったよ

「アイロンビーズをアイロンするのって難しいんだね」
「じゃあ、ビーズがあるだけもっとたくさんつくろう!」
「たくさんつくって、うまくできたやつを選ぶ?」


「いっぱいつくろう!」

ワオマーク

どんどん増えています
あとはこちらに紐を通していきます

メッセージカード作りもワオマーク作りも、
新1年生の気持ちになって「どうしてあげようか?」「どうしてあげるのがいいか?」
一生懸命考えている子どもたちでした。


ワオキッズでは、

「ほめて みとめて はげまして」
 ~やる気を育て、自分で考え行動し 責任がもてる子どもを育てる~

という理念のもと、日々子どもたちと接しています。

今回の活動で、
子どもたち同士で「それいいね!」と認め合う姿や、
「喜ばせるために、○○しよう」「安心してもらえるように、□□しよう」と
新1年生のために自分たちで考え行動に移す姿
「新1年生に喜んでもらいたい!」と
優しさ溢れる姿が見られました。

来年4月、新1年生が入ってきます。
もしかしたら学校でも、1年生の気持ちに寄り添って
「わからないことがあったら何でもきいてね」
「校庭では、こういうあそびができるんだよ」

…こんなふうに声をかけてあげる姿があるかもしれません

子どもたちのたくさんの成長が見られるよう、
今後も様々な活動に取り組んで参りたいと思います!

★ダブルダッチ★

こんにちは。
ワオキッズ上末吉園です。(^-^)/


ワオキッズでは、年に2回の夏冬のキャンプとは別に、2ヶ月に1回土曜日や日曜日を利用してイベントを行っております。

イベントと言っても、ただ子ども達を楽しませればいいのかと言えばそうではなく、「ほめて・みとめて・はげまして」~やる気を育て、自分で考え行動し、責任が持てる子どもを育てる~というワオキッズの保育理念のもと、今の子ども達の課題や状況を把握した上でねらいを立てて行っております。

11月のイベントは、センター南園、勝田橋園、梶ヶ谷園、岸根公園、上末吉園と5園合同で
ダブルダッチに挑戦します。

今回のねらいは、

・最後まで諦めない気持ちを育てる。

・自分の気持ちや思いをお友達に伝えることができる。

・お友達の話に耳を傾けることができる。

という3つのねらいを掲げました。

このねらいと今の子ども達の姿を照らし合わせ、ねらいを達成した子ども達の姿を思い浮かべながら「子ども達にこの体験から学んでほしい!」と5つの園で行うことになりました。


今回は、11月イベントに向けてダブルダッチの練習の様子をお伝え致します。

ダブルダッチとは、簡単に言えば大縄跳びの2本バージョンです。2本同時に回る縄をタイミングよく中に入り、リズムよく跳びます。

今まで、縄を1本で回す大縄跳びは何度かやったことがあったのですが、2本同時に回すダブルダッチは初めてということもあり、お手本を見た時から子ども達は、「絶対、無理!」 「こんなの跳べるわけない!」と早くも白旗ムード。

DSC09203.jpg
2本回る縄に早くも圧倒される子ども達…

まずは、ひっかかてもいいから縄の中に跳び込む練習からしました。縄に当たる恐怖心をなくし、跳び込む勇気を子ども達に持ってもらうためです。
跳びこむタイミングを計りながら、先生の「はいっ、はいっ!」という掛け声に合わせて、なんとかこれはクリアー!
みんなひっかかりながらも、おもいっきり縄に跳びこんでいました。

DSC09339.jpg
勇気を振り絞り、縄に跳びこめ!

次は縄を使わず、その場で跳び方の練習や縄に入るタイミングの取り方を先生から教わりました。
「え? そんな素人が教えられるの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
そんな心配には及びません。なぜなら、なんとワオキッズには、元ダブルダッチ世界2位の先生がいるのです!!(僕じゃないよ)

その先生の熱血指導により跳び方もタイミングもバッチリ!

さぁ、いよいよダブルダッチに挑戦だ!
先生の「はいっ、はいっ!」という掛け声に合わせ、タイミングを取りながら跳びこみます。

しかし、跳びこむことはできたのですが、タイミングがあわず、なかなか縄を跳ぶまでには至りません。

DSC09548.jpg
「2本跳ぶのは難しいー!」

子ども達の応援の声も次第に大きくなっていきました。
「○○くん、がんばれー!」 「次、絶対跳べるよ!」 「今、今、今!」

みんな汗だくになり声を張り上げてお友達を応援しています。
気が付けば全員が縄が回るのに合わせて、「はいっ、はいっ!」と声を出していました。

DSC09577.jpg
みんなの応援の声が背中を押してくれます。

ひっかかってしまったお友達にも、「ドンマイ、ドンマイ!」 「ナイスチャレンジ!」 「次は跳べるよ!」と何人も励ましの言葉をかけていました。
子ども達が「絶対、跳んでやる!」と心が一つになった瞬間でした。

何度ひっかかっても 「あーっ!悔しい!」 「跳べたと思ったのにー!」 「あとちょっとやらせて!」と諦めることなく挑戦する姿に、縄を回す僕たちも 「絶対、成功させてあげたい!」という気持ちが強くなっていきました。

DSC09553.jpg
「絶対、跳ぶぞ――!!」 「おぉ――っ!!」


そして、何度目かのチャレンジで遂に…


見事に縄を跳ぶことができました!

DSC09341.jpg
ついに…

DSC09555.jpg
歓喜の瞬間が…


その瞬間、「やったぁぁー!」 「できたーっ!」 「すげーー!」といった地鳴りのような歓声が沸き上り、みんなでハイタッチを交わしていました。

DSC09575.jpg
みんなでハイタッチ!

「みんなが諦めないで最後まで挑戦したからだよ!」と伝えると、「絶対、跳んでやろうと思った!」 「やってよかった!」 「もっとやりたい!」と更に挑戦しようといった前向きな姿がありました。
諦めないでチャレンジすることの大切さが実感できたのではないでしょうか。

練習終了の時間がきてしまい、跳べなかったお友達もいたのですが、全員が清々しい笑顔でハイタッチや握手を交わしていました。

DSC09595.jpg
先生達とも喜びを分かち合います。

大切なのは、「跳べた」という結果だけじゃない。「跳んでやる!」と最後まで諦めずに挑戦することだということが子ども達に伝わったのではないでしょうか。
だからこそ、跳ぶことができなかったお友達も、充実した気持ちで笑顔でいられたのだと思います。

僕たちワオキッズの先生が大切にしていることを、少しずつでも体験の中から学べるように、子ども達に伝えていきたいと思います。

これからも、子ども達の自信に繋がり、やる気を生み出し、更に挑戦しようという気持ち、挑戦しようとすることで主体性を育んでいけるような保育を心掛けて参ります。


DSC09336.jpg
子ども達の可能性は無限大!!






検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR