FC2ブログ

あそび検定の軌跡

皆様、お久しぶりの江ヶ崎園です!


はじめましての方はよろしくお願いします!

 

梅雨も脱し、気温が一気に上がりやすいこの時期。子どもたちは大汗をかきながら日々夏の訪れを感じているようです

 

さて、昨年の6月の遊び検定から早一年。現在江ヶ崎園では名人カードというものに取り組んでいます

 

 写真①


この名人カードを語る前に、まずは子どもたちが検定を通してどのような成長を遂げたかをお伝えしていきたいと思います

 

江ヶ崎園では恒例行事になりつつある【ワオ会】というものが3月に行われています。

これは保護者様参加型で、子どもたちが日々練習してきた事を発表する一大イベントです!ここで、昨年の6月から遊び検定である【けん玉】【こま】【ジャグリング】に取り組んできた子どもたちが、


『検定で覚えた技を発表したい!』


と練習してきた成果を発表したいということになったのです。

職員が『いいアイディアだね!どのように発表していくのかな?』と問いかけると、


子どもたち自ら『曲を決めたい!』や、

ダンスのチームからは『振り付けを決めていきたい!』と意気揚々に伝えてくれました

 

 egasakijj.jpg

 

ジャグリング発表のグループでは曲を何曲入れるか悩む姿があり、


『一曲だけにして振り付けを完璧にした方がいいかな~』


と不安そうな顔で言っていました。子どもたちの頑張りを間近で見ていたので、


振り付けもだんだん形になってきたし新曲試してみるのはすごくいいと思うよ!もし間に合わなそうなら今の曲をもっと磨き上げてけばいいんじゃないかな?』と伝えると、、、


『一曲じゃ物足りないよね!』

『初めに選んだ曲がポップだからクールなやつを追加したいよね!』


と、やる気満々に話し合う姿がありました


1曲を完璧にするべきか2曲で盛大にやるかで話が発展していき、


『もし2曲目に不安があるなら、有名な曲で振り付けがついてる曲はどうかな?』

『ソロやパートごとに分かれて練習すれば発表までには間に合うんじゃないかな?』


真剣な表情で本番を見据えた話し合いをしていました


そして、これまで子どもたちが真剣に取り組んできたことが形になっていき、

1曲目はもちろん2曲目も振り付け完ぺきになってきたね!』と伝えると、子どもたちから、


『一度通しでやってみたい!時間もどれくらいかかるか知りたいし!』


と、グループ内から自然と意見がでてきて、更に練習に熱が入るようになってきました

 

 egasakij.jpg

 

学校から帰ってくると、

『ここはこうだよね?』

『これあったほうがいいよね?』 

と、先生から声をかけなくても自ら練習を進めていく姿がありました


 IMG_6407.jpg

 

そしていよいよ本番・・・

 

満員御礼、子どもたちの頑張りが花開き、すべてのプログラムが大盛況に!

練習してきたソロパートで技が決まる度に保護者様からは

『おぉ~』『すごい!』

と言った声が相次いで聞こえてきました

 

全プログラムが終わり、

『終わった~!』とお友だちに抱き着く姿や、

『ちょっと失敗もしちゃったけどやりきったね!』と、はにかんでお友だちと

話す姿から、ほっとした表情と達成感が入り混じった笑みが広がっていました

 

 IMG_7593.jpg

 

ワオ会が盛大に幕を閉じた後も、子どもたちのめていませんでした・・・

 

目をキラキラさせながら、、、

『4月は一年生が入ってくるよね?ウェルカムパーティーでミニゲームだけじゃなくて発表もしようよ!』という声が続出!


それに対して周りのお友だちも『せっかく練習してきたしやりたいね!』と同意する姿もありました

 

写真② 

 

ここから一年生への連鎖が始まります・・・

 

ここまで練習してきた自信とさらに磨きあがった技を堂々と発表する子どもたち!

それを見た一年生は、、、


『おぉ~!』『あれすごいね!』『うんうん!』

と、目をキラキラと輝かせ見入っている様子でした

 

 写真⑦

 

発表会から1年生と上級生との関わりは良好で、発表から数日後、

『どうやったらいいの?』1年生が自然と上級生に技を教えてほしいと集まっていく姿がみられました

それに応えるように上級生も『もっとこうした方がうまくいくよ!』一年生の手を取り親身に教えている姿に嬉しく思いました

 

 写真⑨

 

今では、冒頭でお伝えした更に難易度の上がった検定【名人カード】の技一つ一つをクリアするために汗を流す姿があります。嬉しい変化もあり、今まで教えてもらっていた1年生が同級生に教える姿や、教えあう姿があり、どんどんうまくなっていく1年生を見た上級生が負けじと検定に取り組んでいる素敵な連鎖が見られます

 

IMG_9035.jpg 

 

お伝えしたいことはまだまだたくさんありますが、今現在取り組んでいる名人カードをはじめとする様々な取り組みはまた次回にでもお伝えできたらと思います

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

スポンサーサイト

☆汗光る あそびの中で プロになる☆

こんにちは~ 江ヶ崎園です!

穏やかな春の日差しから、吹く風も次第に夏めいてまいりました。
衣替えの季節です。

ワオキッズブログ第2弾は江ヶ崎園がお送り致します!


今回は、あそび検定についてご紹介致します。

あそび検定とは、ある「あそび」を技ごとに級分けしたもので、上の級から順にクリアし
「あそび」のプロを目指してもらおう
というものです!

では、早速『あそび検定』についてお伝えします!!

あそび検定の種目は「けん玉」「こま」「ジャグリング」3つです。
けん玉は全部で11級、こまは全部で12級
ジャグリングに関してはレベル1からレベル10まであります。

けん玉、こまに関して、想像がつきやすいと思いますが、気になるのは「ジャグリング」
あそび検定でのジャグリングは、「お手玉」を使用した種目で、「お手玉」を使い>足の甲背中等、身体の様々な所を使って技を決めていくあそびです。


写真1



写真2


写真3


写真4




また、あそび検定には3つの『掟』があります!それは・・・

その一.検定タイムで検定を受けることが出来る。

その二.検定は1人で受けにくる。

その三.検定は各あそび(けん玉、こま、ジャグリング)で、ひとり一日一回、一発勝負とする。


です。



このあそび検定を、5月の下旬に子ども達へ、「先生たちからの挑戦状だ!」と言って告知しました。

子ども達の反応は…

「え~難しそう…。」
「けん玉ならできるな~」
「俺はこまかな~」
「昔のあそびだ~。やったことある~」

「ジャグリングおもしろそう!」



と、少し不安な発言やこまやけん玉をやったことある子はちょっぴり得意そうな発言、ジャグリングという新しい分野に興味津々な発言等、様々な反応でした。
更に“検定の掟”があることを伝えると…

「時間って決まってるの~?」
「飛び級ってある?」
「練習って検定タイムの中でやらなきゃダメ?」


みんな新しいあそびのルールにドキドキしている感じで、パッと手を挙げてたくさん質問してくれました。
みんなたくさん質問してくれて先生はとても嬉しいです!


さぁ、6月1日から検定スタートです!あそび検定が、始まると子ども達はそれぞれやりたい検定の種目を練習する姿が見られました。

こまに挑戦していた子ども達は、
「こまってどうやって巻くの~?」と先生に聞いてきた子どもがいて、「こうやって巻くんだよ~」と巻き方を教えると
「自分でやってみる~」と、やる気満々でした。「挑戦しようとする気持ちとってもいいね!がんばれ~」と応援すると、真剣に何度も何度もこまの紐を巻く練習をしていました。

他にも、こまを回すのが、なかなかうまくいかず、「回らないし、もう嫌だ」と言っていた子に
「もうちょっと練習してみようよ。さっきよりも投げるのうまくなってるよ。ファイト!」励ますと数日後には、
「めっちゃ練習したら回ったよ~見て見て!」と見せてくれた子もいて「やったね!練習頑張ってたもんね。」と言うと、「コツをつかんだんだ~」嬉しそうに話してくれました。

ジャグリングでは、
ある技を練習している子どもに「その技バイバイって手を振っているように見えるね~」と先生が言うと、「確かにそう見えるね~。」と、楽しそうに話してくれました。
その後、「なんか新しい技が出来そうだね~」と先生と話しながら、その子は、ジャグリングの練習をしていました。
次の日には、その女の子は、自分で考えた新しい技を披露して見せて「自分のお家で、何回も練習してきた~。」と嬉しそうに教えてくれました。
「新しい技が出来るんじゃないか」と子ども自身が気づき自発的にその練習をして披露してくれた素晴らしい出来事でした。


写真5


写真6


写真7



新しい事に挑戦しよう、今あるあそびをもっと面白くする工夫をしようというやる気、自分でたくさん練習し、投げ出さなかったから出来たという達成感を得たことで、子どもたちは自信だけでなく、さらなるやる気が育っていると感じました。

あそび検定の中で、子ども達同士の交流教え合いも見られました。

けん玉やこまを苦手とする子が、周りの子がやっているのを見て、「私もやってみる~。やっていい?」という声が聞こえ、「いいよ~たくさん挑戦して」と言うと、先にやっていた周りの子ども達が「○○ちゃんに教えてあげるね~」という姿や「○○くんにやり方聞いてもいい?」という発言や、その場にいるお友だちに「教えて~」といった発言も見られました。

ジャグリングでも、
1年生の子ども達が1分間に2つのお手玉を30~100回キャッチに挑戦し、最後まであきらめずにたくさん練習する場面も見られました。
その場面で、キャッチする回数をたくさん重ねている3年生の男の子は、1年生に「お手玉を高く挙げなければもっと回数が伸びるよ」と、教えている場面があったり、回数をホワイトボードに書き、「がんばれ~」と応援している3年生の女の子もいました。

応援や教えてもらったことでキャッチする回数の上がった1年生の姿を見て3年生の男の子は、「1年生に負けてられないな~」と、更に練習している姿も見られ、切磋琢磨しながら楽しんでいる様子も見られました。

子ども達がどんどん、あそび検定に挑戦し、目標に向かって頑張る姿や、友だちと教え合う姿がたくさん見られそうで、
これから、とってもわくわくしています。 

あそび検定の中で、子ども達が新しい事に挑戦し、「できた!」実感をする事で、子ども達の自信に繋がったらいいなと考えています。

「挑戦したい」「やりたい」「教えてあげたい」という気持ちをほめてみとめて、時にくじけそうになったら、頑張ってきた子ども達の姿を励ましやる気を育てるサポートをしていきます。




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR