FC2ブログ

★サマープログラム★【わおかじ夏祭り】

こんにちは!
ワオキッズ梶ヶ谷園です!


夏休みも終わり、秋らしさを感じる季節になってきましたね!それでも子どもたちは、毎日汗をいっぱいかいて元気よく遊んでいます!

さて今回は、夏休みに行っていたサマープログラムについてお伝えします!!

サマープログラムとは、夏休みの間、子どもたちが毎日楽しくワオキッズに通えるように、先生たちが様々なプログラムを企画し、行うものです。

今年の梶ヶ谷園では、他の園と合同で行った「ドッチビー大会「ウォーターサバイバル」
「うちわづくり」「ミニ遠足」「うどん作り」「スライムを使った自由研究」など、様々なサマープログラムを行いました!

その中でも毎年大人気の「わおかじ夏祭り」についてお伝えします!

「わおかじ夏祭り」では楽しむことはもちろん、自分の意見を伝えられたり、お友だちの意見を聞くことや、お客さんに喜んでもらうことはとても嬉しいことなんだ!と感じてもらうことをねらいとして企画し行いました。

夏休みが始まってすぐに先生から子どもたちへの提案で夏祭りは始まりました。
「今年の夏祭りは、班ごとに話し合って何のお店を出店するか決めてみない?」

話し合い

すると子どもたちはさっそく、「ねーねー。なにする?」「去年ポップコーン屋さんやったからわたがしがいい!」「食べ物屋さんじゃないのやってみない?」「いいね!射的屋さんとかどう?」とわくわくした様子で話を進めていきます。
そして話し合いの結果、今年は「わたがし」「ポップコーン」「かき氷」「射的」の4つのお店が出店することに決定しました。

他園のお友だちが遊びに来てくれることが決まっていたので、「たくさんのお客さん来てほしい!」「お祭りを楽しんでほしい!」と意気込んでいた子どもたちは、宣伝用の看板やポスター、射的屋さんでは的や景品をお友だちと協力して作り、夏祭りに向けて準備を進めていきました!

ポスター作り②
「美味しそうなかき氷のポスター作ろうよ♪」

ポスター作り4
「お祭りの装飾に来てくれたお礼を書いてみたよ!!」

ポスター作り③
「みんな食べに来てくれるかな??」

班のお友だちと準備を進めていき、ついに夏祭り当日!他園のお友だちが来る前に、班ごとに最終確認です。
[『いらっしゃいませ』と『ありがとうございます』は、ちゃんと言おうね!」
「他のお店より大きな声だそうね!」とはじまる前からやる気満々!

かき氷屋さんではお店の役割について話し合いをしていました。
「わたしはお金(手作りの)を受け取るかかりするね!」「じゃあ僕はトッピングをする!」
役割をどんどん決めていく中、1年生の男の子が下を向いてモジモジしています。
その様子に先生が気が付き、「どうしたの?」と聞きました。すると「かき氷を作る機械を動かすのと、トッピングの係をどっちもやりたいんだ。。。」と小さな声で教えてくれました。「そうなんだ。確かにどっちも楽しそうだよね!先生と一緒にお友だちに聞いてみる?」と聞くと少し笑顔になり「うん!」と答えました。先生が班のお友だちに「○○君はかき氷の機械を動かすのとトッピングの係をどっちもやりたくて悩んでいたんだって!」と伝えると、2年生の男の子「いいね!じゃあみんなで役割を交代しながらやってみない?」と提案してくれました!1年生の男の子は「いいの?ありがとう!」と笑顔になり伝えると「いいよ!みんなで頑張ろうね!」と優しく言ってくれました。

他の園のお友だちが到着し、挨拶をすませるといよいよお祭りスタート!!
お友だち到着
「サマーキャンプに来ていたお友だちがいる!」「久しぶりだね!!」
スタートと同時に各お店が一斉に大きな声で宣伝します!

わたがしやさん

わたがし屋さん3
「いらっしゃいませ!」「おいしいわたがしはいかかですか?」

かき氷屋さん2
「かき氷いかがですか~?」

かき氷屋さん
「かき氷はいろんな味がありますよ~!」

かき氷屋さんでは、先程決めた役割でお友だち同士仲良く進めることができていました!先程の1年生の男の子も
お友だちと一緒に楽しそうにお店を頑張っています!
「かき氷おいしい!」とお友だちが言ってくれている様子を見て、「やった!」「良かった!」「もっと頑張ろう!」と喜び、さらに大きな声で宣伝をする姿もみられました!

射的説明
「輪ゴムはここにつけて、、、」

射的屋さん
「射的楽しいよ!みんなやって行ってね!」
どのお店も大盛況!子どもたちは「やったね!!」と笑顔で夏祭りを楽しんでいました!

早く食べたい
「わたがし楽しみだな~♪」

かき氷の列
「かき氷おいしそう!!」

美味しいね!
「美味しいね~♪」

実食
「次は何食べる?」「ポップコーン食べたい!」
「じゃあ一緒に行こう!!」

夏祭りが終わり班ごとにおやつを食べているときには「楽しかったね!」「来年は他のお店もやってみたいな!」「みんなで頑張れてよかった!」「他の園のお友だちも喜んでくれてよかった!!」とお友だちと満足そうに話す姿が見られました!

梶ヶ谷園ではこのような経験を通して、子どもたちの「やりたい!」という気持ちを形にし、「やってよかった!」「次はこれをやってみたい!」「先生やお友だちと一緒にやってみよう!」と、どんどん新しいことに自信を持って挑戦が出来るよう、今後も全力でサポートをしていきたいと思います!! 

スポンサーサイト



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR