FC2ブログ

ワオのクリスマスパーティー【後編】

(※こちらの記事は後編となっております)

 

クッキーを焼いている間は、

プレゼントをゲットせよ!先生からの挑戦状(謎解きゲーム)を行いました

先生特製のクリスマスクロスワードや暗号カードの問題を解くと、プレゼントの場所が分かるようになっています!

 

問題を前に、子どもたちは「なんだこれ!?」「残り3つなのに分からない…!」と大苦戦💦

ですが、プレゼントを見つけたい!という共通の目標を達成するべく、自然と意見を出し合いながら、協力して解いていきます。



「クリスマスツリーって何の木で出来てるの…!?」

「知ってる人いる?」と聞き合ったり…

 

謎解き①


暗号を前にして、「まどのした、かな?」「でも文字のカードが余っちゃうし…」こうじゃない?」とみんなで意見を出し合うその表情は、まさに真剣そのもの!!

謎解き②



すると、とあるチームでは「あっ!これって『すいどうのました』なんじゃない!?」と暗号の答えを閃いたお友達を筆頭に、「ホントだ!!早く行こう!!」と走りだし…

「あったよー!!」「やったー!!!」と歓声が園に響きます!


それに続いて、各々のチームで謎を解き終わり、

水道の真下赤い箱の中靴箱の近くから続々とクリスマスプレゼントをゲット!!

気になるクリスマスプレゼントの内容は、新川崎園で仲良くなってきたお友達同士が遊ぶための新しいおもちゃでした

 

チームで協力してプレゼント探し出せた瞬間や、みんなで「やったね!」と喜び合う笑顔は、達成感からとってもキラキラ輝いていました


謎解き③


謎解き④


謎解き⑤

  


こうして新川崎園のクリスマスは楽しく過ぎていきました…

 

そして後日…

協力して手に入れた新しいおもちゃで遊んでいる時のエピソードをいくつかご紹介します!


  

ガイスター】

みんなが新しく増えたおもちゃで盛り上がる中、何で遊んだらいいか戸惑って、一人ぼっちであやとりをしている1年生の女の子がいました。その時、それに気付いた上級生の女の子が自分から優しく声を掛けます。

「○○ちゃん、ガイスターってやったことある?」「ううん…」「もしよければ一緒にやらない?ルール教えてあげるよ!」手招きされた1年生は一緒に座り、ルールを教えてもらいながら、一緒にプレイしていきます。

やり方が分かった1年生の女の子は「教えてもらえたから分かった。結構おもしろいかも…」と徐々に笑顔を見せ始め、夕方には他のお友達とも自分なりの作戦を駆使しながら遊ぶ姿が見られるように!

あとから上級生にお話を聞くと「みんなでできたほうが楽しいし、嬉しいと思う!」と笑顔で教えてくれました。

相手の表情を見て、困ってるんじゃないかな?と考え、自分ができることを伝える、とてもステキな姿でした★  

あそび①


  

【犯人は踊る】

カードゲームも大人気です!今まで少なかった心理戦に、「よっしゃ!!」「あーやられたー!!」と飛び跳ねたり、笑い合ったりしながら、みんなで仲良く遊んでいます。

とある日の帰りの会の後も「やろうやろう!」と集まる子どもたち。しかし、荷物が多く、年末年始のロッカー整理がまだまだ終わらなそうな1年生が一人…集まった遊びの輪をチラリと横目に見ますが、自分のやるべきことが終わっていないので、何も言わずにロッカー整理を続けます。

しかし、その姿を見つけた他のお友達はその子のところに歩み寄り、「○○くんも『犯人は踊る』やる?」と優しく聞いてくれました!

ロッカー整理をしていた1年生もそう聞かれて、「やりたい!」「じゃあ待つね!あ、カード配っててもいい?」「いいよー!ありがとう!」と嬉しそうに笑顔を見せ、片付けの手を早めます。

聞いてくれたお友達に理由を聞くと、だって、○○くんよくこれで遊んでるから、やりたいんじゃないかなと思って」と照れながら教えてくれました

お友達の気持ちを考えた、ステキなやりとりでした  

あそび②


 

【スタディ将棋】

園にはすでに2つ将棋がありましたが…今回増やしたスタディ将棋には駒ごとに動かし方が矢印で示されており、とても分かりやすくなっています!

ある日、1年生の男の子がスタディ将棋をやりながら、「僕、矢印なくてもできるけどね」と得意そうに呟きます。先生が「新しい1年生が来た時にこれがあると分かりやすくてルールも覚えやすいし、上級生ともたくさん遊べると思ったんだ!」と声掛けすると、「あーそっか!たしかに!」と納得しながら笑顔で頷いていました。

一緒に将棋を指していた同じ学年のお友達もそれを聞いて「将棋って難しくて、今まで僕弱かったんだけどさ…」と打ち明けます。ですが、続けて「これだと矢印があるから分かりやすいよ。よかったぁ」とにっこり。

2人は顔を見合わせて、ニコニコしながら1年生が入ってきたら(ルールを)教えてあげよう…」と話しながら将棋を続けていました。

新しい春に向けて、期待が高まるエピソードでした

あそび③



今回のクリスマスでは、子どもたちがこれまでの様々な体験を活かしながら、自分で考え、意見を伝えて話し合い、学年学校問わずお友達と協力しあう場面が数多く見られました!


ワオキッズでは、「ほめて みとめて はげまして 〜やる気を育て、自分で考え行動し、責任を持てる子どもを育てる〜」という保育理念を達成するために、

園ごとに理想の園を掲げ、子どもたちの成長を日々サポートしています。


新川崎園ではこれからも「一人一人が相手の気持ちを考えられる園」を目指し、子どもたちが様々な体験をしていけるように取り組んで参ります! 

 

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR