FC2ブログ

大盛況!ふぇすた・de・にっぱ☆

🌸ご入学、ご進級おめでとうございます!🌸

こんにちは、ワオキッズ新羽園です!

ドキドキ、ワクワクの新年度が始まりました。

2年生以上は少し緊張気味ながら新1年生に「名前なんていうの?」「小学校どこ?わあ、一緒だ!」と話しかける姿があります。

これから1年間、子ども達が様々な取り組みを通してお互いを【仲間】だと感じていく瞬間が楽しみです!


今回のブログでは一つの目標に向かっていく子ども達が【仲間】を感じられた3月のイベントの様子をお届けします☆



【ふぇすた・de・にっぱ】と題し、子ども達が屋台を企画、運営していく3月のイベント。

新羽園の保護者の方だけでなく、近隣の保育園や小学校のお友達など、地域の方たちにも【ふぇすた・de・にっぱ】に遊びにきてもらいました。


2月の頭にどんな屋台をやりたいか話し合いをして6つの屋台に決定!


☆あたりを狙ってお菓子をゲット!射的

☆目指せ全クリア!サッカー・野球まとあて

☆はずれなし!思わず笑顔になっちゃうポジティブみくじ

☆掘って掘って掘りまくれ!恐竜発掘

☆なにがもらえるかお楽しみ☆お宝釣り

☆屋台といえば!スーパーボールすくい


それぞれやりたい屋台を決め、「お客さんの笑顔のために」を合言葉に準備開始!


屋台の看板をつくり、屋台で遊ぶルールを決めたり、景品を準備したり、保育園に貼ってもらうポスターをつくったり、つくったポスターを保育園に持っていったり…やることは盛りだくさん!


それでも最初のうちは「お客さん」がうまくイメージできないようで、お楽しみ会のノリで話し合う子ども達…

景品は折り紙?おみくじを書く紙はメモ帳?看板は段ボール…???


ちょっと待ったー!


「みんながお客さんだとして、学校の屋台行事とかPTAのイベントで景品折り紙しかないってどう?ワクワクしながらイベント行ったのに段ボールそのままの看板みて楽しそう!って思う?」


「ああ~確かに…」

「まあ、楽しくはないかなあ」

「だよね!先生もワクワクして来てくれた人が楽しかった!って笑顔で過ごしてもらえるようなイベントにしたい!だから自分がお客さんだったらどうかなあとか、想像しながら準備しない?」


「うん!」


ということで準備再開!


「お客さんが笑顔になるためにはどうすればいいかな?」


と子ども達と一緒に考えながら景品づくりや買い出し、ポスター配りなどほぼ毎日イベントの準備に費やす日々。


IMG_7050_20190412203557650.jpg


IMG_7065.jpg


IMG_7055_20190412203549853.jpg




そして準備が進むにつれ、


「先生、宿題終わったからイベントの準備していい?」


と声をかけてくる子や


「これ、わたしたちはいいと思うんだけど…みんなはどう?」


とお客さんの目線に立とうとする子。


「ごめん!まだ終わってないからだれか手伝ってくれない?」


と他の子に協力を呼びかける子。


一人ひとりが【お客さんの笑顔のために】仲間と協力して準備をすすめようと自分から行動を起こします。





そして迎えた当日。午前中に最後の準備をして「お客さん、くるかなあ」「こなかったらどうしよう…」「逆にいっぱい来たらどうしよう」「景品たりるかなあ」とドキドキしながらいざ、開店!


さっそく一人目のお客さんが!


「お客さんきたよー!

「うわー!どうしよう!

「笑顔のためにがんばろ!


とドキドキしながら「いらっしゃいませ!」「射的ありますよー!」とお出迎え。

その後もお客さんは絶え間なく、閉店時間ギリギリまで遊びに来てくれました。その数なんと150人以上!



IMG_7088_20190412203555e8d.jpg


IMG_7118_20190412203552789.jpg


IMG_7112.jpg



子ども達も一生懸命お客さんを誘導したり、自分の屋台が混んでいる時に「もう全部屋台回ったし手伝うよ!」と店番ではない子が手伝いにきたり「お客さんの笑顔のために」屋台を切り盛り!


IMG_7117_201904122035542f1.jpg


IMG_7089_20190412203551c88.jpg


IMG_7107_201904122035469bb.jpg



子ども達の協力によって無事にふぇすた・de・にっぱを終えることができました。


閉店後、子ども達に「大成功だったね!」と伝えると「うん!あんなお客さんが来てくれて、そのお客さんに楽しんでもらえる屋台をつくれるおれたちスゲーって思った!」 「一人じゃ絶対できなかった!みんなとやれたからだね♪」とニッコリ!

「でも、もっといろいろできたなあ、反省はいっぱいある!」と、全力で取り組んできたからこそ、反省がある子もいました。


大盛況で終わったふぇすた・de・にっぱ。子ども達全員が【お客さんの笑顔のために】自分たちにできることは何か、考えて協力し合ったからこその「大成功!」でした。


ワオキッズでは日常の保育ももちろん、イベントを通して子ども達が様々なことを感じ、その感じた気持ちをまた日常の保育へ繋げていく。楽しいだけじゃない「成長を促す有意義な放課後の場」としてこれからも子ども達と様々なことに取り組んでいきます!


スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR